イグノーベル賞って知ってます?

イグノーベル賞「イグノーベル (Ig Nobel 英語発音: [ˌɪɡnoʊˈbɛl])」とは、ノーベル賞の創設者ノーベル (Nobel 英語発音: [noʊˈbɛl]) に、否定を表す接頭辞的にIgを加え、英語の形容詞 ignoble 英語発音: [ɪɡˈnoʊbəl]「恥ずべき、不名誉な、不誠実な」にかけた造語である。公式のパンフレットではノーベルの親戚と疑わない Ignatius Nobel(イグネイシアス・ノーベル)という人物の遺産で運営されているという説明も書かれている[1]が、ノーベル賞にちなんだジョークである。

このくだらなすぎる「イグノーベル賞」のノミネート・受賞の研究がおもしろ過ぎて、毎年どっかの話のネタになるのでここに書いておこうかなと思いました。(サイトはこちら

昨年2017年の受賞者:
Screenshot 2018-05-07 15.37.46
経済学賞
「生きたワニと接触することでギャンブルをやりたい気持ちの変動」*1(全ての英語名と研究者は本文の下にまとめました。)

生死の分かれ目を見ることでギャンブルに対する姿勢が変わるんでしょうかね。笑

生物学賞
「なぜ年寄りの男性の耳は大きいか」*2

確かに年配男性は特に耳と鼻が大きくなりますよね。何故か。聞こえやすくなるんでしょうかね。

生理学および昆虫学賞(2015年)

「身体の二十五箇所を蜂に刺される実験をしてどこがそんなに痛くないか(頭皮、足の指のてっぺん、上腕)そしてどこがマジで痛かったか(鼻の穴、上唇、おちんちん)*3

本当アホだな〜と思うこの研究。どんだけマゾなんでしょう。

文学賞(2016年)
3冊出版した自伝書、「死にかけた、または死んでいる蠅の採取の喜びについて」*4

何を考えてこの本を出版したんだろう、この人は!

医学賞(2016年)
「身体の左側にかむみを感じた際に鏡をみながら右側をかくと左側の痒みが消える」
*5
これはちょっと賢いなーと思った。

日本人も受賞してます。

知覚賞 (2016年)
「普通に見る物と足の間から見る物に違いはあるか」*6
えらい学者さんが並んで足の間からみた景色を語り合ってるのかな。

物理学賞(2015)
「バナナの皮で滑る研究。皮と靴の摩擦と皮と床の摩擦」*7
実験するところをちょっと見てみたい。

生物学賞(2009)
「ジャイアントパンダのうんちから取れる微生物で台所のゴミを90%以上減らすことが出来る。」*8
確かに役立つけど、パンダのうんちを台所にあるってちょっと嫌。

化学賞(2003)
「金沢県にある銅像が何故鳩のフンだらけにならないか」
*9
綺麗な銅像は確かにレベル高し。

Screenshot 2018-05-07 15.40.34

生物学(2014)
「犬がおしっこ、うんちする場合は南北の地磁気に沿ったと記した資料の作成研究」*10
犬のお尻には磁石が入ってるのかな。

心理学賞(2012)
「左に傾いた状態で見る方がエッフェル塔が小さく見える」*11

今度行ったら試してみよう。右に傾いて見るよりも小さく見えるのかな。

文学賞(2012)
「アメリカ政府が書いた”レポートのレポートのレポートのレポートを書くための準備法を記したレポートのレポートのレポート」*12

報・連・相が間違うとこうなっちゃうんですね。

文学賞(1995)
「直腸にある異物の症例報告と世界文学を分かり易く説明した。報告書には以下の異物が含まれる:電球7つ、包丁研ぎ機、懐中電灯2つ、コイルスプリング、 タバコ箱、ジャガイモ栓付きのオイル缶、11種類の果物、野菜および他の食料品。 宝石商の鋸(ノコギリ)、冷凍豚の尾、缶コップ、 ビールグラス、1人の患者の眼鏡コレクション、スーツケースの鍵、タバコのポーチ、雑誌等」
*13

もはやコメントすら出来ない

平和賞(2009)
「誰かの頭をビール瓶で殴る際に中身が入っている瓶か空の瓶、どちらが良いか」
*14
確かに、どちらの方が怪我が少ないかわかっていたほうが誰かを殴るときにより平和的。

イグノーベル賞の2018年は9月に発表です。

ブログランキング参加中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ

にほんブログ村 子育てブログ 海外ワーキングマザー育児へ

以下、原文の英語での題名と研究者の名前です。

*1ECONOMICS PRIZE [AUSTRALIA, USA] — Matthew Rockloff and Nancy Greer, for their experiments to see how contact with a live crocodile affects a person’s willingness to gamble.

*2ANATOMY PRIZE [UK] — James Heathcote, for his medical research study “Why Do Old Men Have Big Ears?”

*3PHYSIOLOGY and ENTOMOLOGY PRIZE — Awarded jointly to two individuals: Justin Schmidt [USA, CANADA], for painstakingly creating the Schmidt Sting Pain Index, which rates the relative pain people feel when stung by various insects; and to Michael L. Smith [PANAMA, US, UK, THE NETHERLANDS], for carefully arranging for honey bees to sting him repeatedly on 25 different locations on his body, to learn which locations are the least painful (the skull, middle toe tip, and upper arm). and which are the most painful (the nostril, upper lip, and penis shaft).

*4 LITERATURE PRIZE [SWEDEN] — Fredrik Sjöberg, for his three-volume autobiographical work about the pleasures of collecting flies that are dead, and flies that are not yet dead.

*5 MEDICINE PRIZE [GERMANY] — Christoph Helmchen, Carina Palzer, Thomas Münte, Silke Anders, and Andreas Sprenger, for discovering that if you have an itch on the left side of your body, you can relieve it by looking into a mirror and scratching the right side of your body (and vice versa).

*6 PERCEPTION PRIZE [JAPAN] — Atsuki Higashiyama and Kohei Adachi, for investigating whether things look different when you bend over and view them between your legs.

*7 PHYSICS PRIZE [JAPAN]: Kiyoshi Mabuchi, Kensei Tanaka, Daichi Uchijima and Rina Sakai, for measuring the amount of friction between a shoe and a banana skin, and between a banana skin and the floor, when a person steps on a banana skin that’s on the floor.

*8 BIOLOGY PRIZE: Fumiaki Taguchi, Song Guofu, and Zhang Guanglei of Kitasato University Graduate School of Medical Sciences in Sagamihara, Japan, for demonstrating that kitchen refuse can be reduced more than 90% in mass by using bacteria extracted from the feces of giant pandas.

*9 CHEMISTRY: Yukio Hirose of Kanazawa University, for his chemical investigation of a bronze statue, in the city of Kanazawa, that fails to attract pigeons.

*10 BIOLOGY PRIZE [CZECH REPUBLIC, GERMANY, ZAMBIA]: Vlastimil Hart, Petra Nováková, Erich Pascal Malkemper, Sabine Begall, Vladimír Hanzal, Miloš Ježek, Tomáš Kušta, Veronika Němcová, Jana Adámková, Kateřina Benediktová, Jaroslav Červený and Hynek Burda, for carefully documenting that when dogs defecate and urinate, they prefer to align their body axis with Earth’s north-south geomagnetic field lines.

*11 PSYCHOLOGY PRIZE: Anita Eerland and Rolf Zwaan [THE NETHERLANDS] and Tulio Guadalupe [PERU, RUSSIA, and THE NETHERLANDS] for their study “Leaning to the Left Makes the Eiffel Tower Seem Smaller”

*12 LITERATURE PRIZE: The US Government General Accountability Office, for issuing a report about reports about reports that recommends the preparation of a report about the report about reports about reports.

*13 LITERATURE: David B. Busch and James R. Starling, of Madison Wisconsin, for their deeply penetrating research report, “Rectal foreign bodies: Case Reports and a Comprehensive Review of the World’s Literature.” The citations include reports of, among other items: seven light bulbs; a knife sharpener; two flashlights; a wire spring; a snuff box; an oil can with potato stopper; eleven different forms of fruits, vegetables and other foodstuffs; a jeweler’s saw; a frozen pig’s tail; a tin cup; a beer glass; and one patient’s remarkable ensemble collection consisting of spectacles, a suitcase key, a tobacco pouch and a magazine.

*14 PEACE PRIZE: Stephan Bolliger, Steffen Ross, Lars Oesterhelweg, Michael Thali and Beat Kneubuehl of the University of Bern, Switzerland, for determining — by experiment — whether it is better to be smashed over the head with a full bottle of beer or with an empty bottle.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中