家族で世界ノマド生活:メリットとデメリット

日本を出てからもう7年くらい経ってるんで、流行りの言葉に全く付いていけてないんですが、今日ノマドライフって言葉を学びました。←遅すぎ。

Nomad: noun
a member of a people or tribe that has no permanent abode but moves about from place to place, usually seasonally and often following a traditional route or circuit according to the state of the pasturage or food supply.

英語ではNomad ギリシャ語の遊牧民から来た言葉みたいです。

ノマドライフやノマドワーカーは仕事場を1箇所に定めず、自由な場所で仕事をするあり方といった意味。

それ、まさしく私たち夫婦。超ノマド。

うちの旦那は「研究員」

歴史の研究をしているんですが、大学からお金が出ていて、セミナーとかも月に1回行ったりオーガナイザーしたりもしてるんですが正直なにやってるかちょっと不明。笑 うちの父も母も大学で働いてましたが教授だったんで授業したり、提出物の採点をしたりする必要があったんですが、研究員というポストは基本どこで仕事してもやることやってれば誰にも文句は言われません。逆に境目なく仕事しちゃうんで締め切りがなんだこうだ言いながら昔は週末仕事してましたが最近は子供を幼稚園に連れて行く(8時15分)後すぐ仕事を始めるようになってからは定時で帰ってくるようになりました。人はやっぱりどんなに集中しても4−5時間だね、って二人でよく言ってます。週末も休まないと結局疲れてだらだら仕事しちゃうんでそうなった時は諦めて午前休とかジムとかに言っちゃって午後まとめて頑張ってます。


私はエネルギー関係の商社みたいな仕事をしていますが、基本フランスの勤務時間に電話とメールの応対ができれば場所はどこにいたって仕事自体はできます。でも電話とメール、チャットが常に鳴っている状態なのでシェアオフィスとかは周りの人に迷惑がかかるからやめておきなよ、って旦那に言われました。香港の時はリビングで仕事してましたが今回はバルコニー月の半2階にオフィスを作りました。そこまで行くのも面倒でリビングのソファーで仕事してることも多いのですが・・・。


一日4−5時間働けばいい方?

日本では社会人を4年、フランスでも3箇所、トータルで1年くらい働きましたがオフィスに行かなくなってからわかったことは1日4−5時間くらい働いたら上出来なんじゃないかと言う事。社会人の頃の生活としては

1)通勤に30分−45分

2)着いてからおはようございますー言いながらコーヒー等

3)メールの確認(この時点で軽く1時間強)

4)1日にだいたい平均1時間くらいは雑務とかミーティングで消える。

5)お昼1時間

6)お昼食べすぎて全然集中できてない時間が30−1時間

7)仕事は終わったけどなんか同僚がいるから5時ぴったりで帰れないから20−30分潰す

8)また帰るのに30−45分

無駄な時間が多すぎるのか、仕事量が少な過ぎるのか笑

もちろん部署によっては深夜まで仕事が終わらなかった部署にいたこともあります。でもその仕事が終わらないのはだいたいが全体像がわかっていないから時間がかかっていた事も多く、2年目、3年目でやり方が分かってくるとこの作業はその前のここでチェックしておけば省ける作業、だったり疲れすぎていて集中しきれていなかったり。

あとは部署から提出するものだけれども、実際にビジネスに必要だったのか謎であるレポートなんかもあり。前の営業部長が毎週見ていたけど新しい営業部長は実際あまり見ていなかったから必要ない、と言うものや、本社に火曜までに提出していた業務レポート。あれは見ていても実際にそれをアクションに写していた人はどれだけいるのだろう・・。

大きな会社にいると本当に売上に必要なのか分からないけど頼まれたからやっていた仕事が半分くらいあったような気もします。

家から勤務

1)通勤なし。パジャマで仕事し始めて忙しくなりすぎて昼まで着替えれない事も多し。

2)朝起きてコーヒー作ってる間にメールの確認できてしまうので5分くらい。

3)ミーティングなし。

4)お昼も出るのが面倒であれば自炊して食べて片付けしても1時間くらいで終われる。その間携帯があればメールも電話も対応可。

5)食べすぎたら・・・ソファーで仕事できる!

私の仕事は入ってくるタイミングが不明なので例えば今週は比較的暇だったけど先週までは毎日夜10時過ぎまで働いてました。アメリカや南米と仕事をすると必ず遅くなるんですがその日に完結しないと次の日にお客さんが欧州時間で起きた時にトラブルがあってはならないので・・。拘束時間は長くても実際にメールを打っている、電話している時間だけを見れば平均4−5時間だと思います。

通勤やミーティングがない今は?

今は通勤やミーティングで使っていた余った時間を何に当てているかと言うと・・

あ)家事 い)SNSとかブログ う)運動 え)自炊 お)買い物 とかですかね。

家の事してるのが大半ですけど家を出ないので運動は2日にいっぺんくらいしてます。以前は暇な時にテレビシリーズ見始めたんですけど5分おきくらいにメールか電話で止められるので諦めました。買い物・運動も極力昼休みの間に行きますがそれでも電話やメールに返信していると「また牛乳買い忘れた!」とか常に忘れ物だらけです。何事も集中してないと出来が悪くなります。

子供を幼稚園のあと学童に預けていて「毎日、レオくんと最後までいるのやだ!」と文句を言われたので(4歳なんでね。5時とか6時までいるとやはり長過ぎるみたいです)極力早く迎えに行こうとするんですが仕事が一区切りしたからと迎えに行くと待ってました!かのようにいろんなお客さんからメール来たりするんですよね。歩きながら返信してると娘が「ママ見て、これ見て、学校でね・・・見て見て」攻撃が始まりキィイイい!ってなる事もしばしば。

旦那には「家に帰ってからゆっくり返信すれば良いじゃないか」って言われるんですけど、自由に場所を選んで仕事するってことはそれなりに責任があって、オフィスにいるように仕事をする必要があるわけですよね?そこを掛け違えたらお客も自然と減りますしお客が減ればこの生活を維持できないと言う事。

娘を迎えに行くから30分返事が遅れれば、急ぎの案件は他社に持っていかれたり、信用が落ちるので何をしてても(バレないように)返事だけはします。

でもそのせいで旦那と昼ごはん食べてる時に携帯とにらめっこって事もしょっ中。キレられます。

ノマドライフの本音。

ノマドって言うほど遊牧してませんけど 笑

とりあえずは旅費を浮かせるためにどっちかの出張に付いて行く、ってことはします。そうすれば滞在費はタダで食費もちょっとは補助が出たり。

その他は基本的にお互いの実家に、気がおかしくならない期間行ったりします。3週間くらいが沸点限度です。笑

おととしは引っ越しもあったので世界一周旅行の航空券を購入して4ヶ月くらいは色々移動してました。移動するにあたって一番辛いのは時差を超えて仕事しなければならない私。(旦那はいつ働いても大丈夫なので本物ノマドです。私はセミノマド。)アメリカでは5時か6時には起きて働いてます。(同僚が朝番を担当して私は午後番)

日本に行くと結構ハードで午後5時から深夜1時までの仕事。1時で終わらなければ2時、3時になりますし、子供はそんなの知ったこっちゃないので7時には起こして来ます。

あと辛いのは「その土地で色々やりたいことがあるけど仕事は休めない」点。

日本にいる時は午後5時まで思いっきり遊んだ後に仕事となると超萎えます。金曜の夜とかみんなが花金ーなんて浮かれてるのにまだ深夜まで仕事しているとか悲しくなります。飲み会に参加しても容赦無く電話かかって来たり。この職種でノイローゼになってる人も結構いるのですごくわかります。

旦那の仕事も一緒。同僚で鬱と診断された人はゴロゴロいます。

ノマドライフが出来る事が喜び→苦痛になる事も多いです。

ノマド+子育て

特に子供が居ると。遊牧してもノマド先にベビーシッターや学校の設備がなければフルタイムの仕事+旅行+子育てがくっついてくるのでいっぱいいっぱいになって結局戻りたくなります。なので行く先に手伝ってくれる人が多ければ多いほど良。ただお金を払っていない他人は手伝ってくる範囲に限界があります。よく友人が「両親に預けたい時に預けられない」って言ってましたけど子供って大変でしょ?ベビーシッターだって時給1000円とか払って預けてるんだからタダで、好きな時に親だから預かってよって言うのも失礼な話なんですよね。

現地の保育サービスとか学校があれば活用して、親に頼む場合は事前に確認しておいてます。

あとは任せたら子育てスタイスは目を瞑る。

義両親はテレビ見せ放題の家庭なので基本アメリカに居る間はテレビずっと見てます。それでも「ま、英語学べるから良いでしょ」とか「その間も犬と戯れてるから」となんとかポジティブな方に目を向けてます。うちの母が見てる時も寝る時間グダグダ。11時まで起きててIPadでゲームしてるなんて事も。確かにおじいちゃん、おばあちゃんに甘やかせさせるって言うのも子供としては必要なのかなーってポジティブに受け止めてます。私はジジ・ババが遠かったのであまり甘えた記憶がないのですが行くといつもチョコとかクッキーとかくれて好きな番組見させてくれたなってのは良い思い出です。

メリットとデメリット

色々書きましたが要約すると:

メリット:いろんな事が出来る。家族との時間が増える。うまくアレンジすればたくさんの国に行ける。子供も色々な体験が出来る。通勤に使っていた時間で他の事が出来る

デメリット:自由を手に入れ多分しっかり仕事する責任がある。生半可な仕事ぶりだとこの生活は長く続かない。浮いた時間は結局うまく使わないとSNSとかに消える。家で仕事する分、家が汚れる〜家事が増える。旅行の時は仕事に子育てもプラスされてとにかく大変。

ノマドライフって聞くと優雅に生活してるイメージですがどうやってその自由を見つけたかにもよるなーと思います。もともとストレスフル(鬱発症率が高い)ような仕事をして居る私たち夫婦がそれに加えて旅行とかしてると毎回発狂しそうになります。でも今の生活を手放したくない一心で仕事してると、全然世間が思うようなノマドライフ手に入れてないし、会社勤めの頃の自分の仕事だけして入ればお給料が入ってくる生活が羨ましくなります。

先週はハンブルグに出張に行って来ましたが、ほぼ寝ない3日間(ミーティングと接待)で戻って来たら旦那は5分後に子供を残しジムへ。酷すぎる週末でした。

ノマド生活・全部切り離したら楽しいのかなって思います。

例えば

*もうちょっと子供が大きくなったら。子育てが楽になった時点で。(もしくは子供を連れて旅行しない・・・)

*もう少し仕事量が減る・移動中は時間にとらわれない仕事だけをする。(オペレーションは他に任せて経理・会計に回る)

*旅行の期間を長くして現地でもルーティンが組めるようにする(学校の手配やオフィスを借りたり)

これからもこの生活が続けられるように頑張って居る事自体が呪縛になって居るように思いますが、この生活がより楽になるように今は無駄を省きながら頑張りたいと思います。

家族で世界ノマド生活:メリットとデメリット」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中